カラーブレイン

面測色・品質検査機器のトータルブランド
PROSPER CREATIVE

印刷を変えるL*a*b*面測色

コンストの色が合っても、印刷物の絵柄の色が合わない』といったトラブルをなくします。

絵柄を面で測色、色差⊿Eで印刷色再現を確認

印刷の色調整をナビゲートするColorBrainシステム

ジョブ管理 本日のジョブ一覧からファイルを選択。自動で作業レポート作成。

測色絵柄、コントロールストリップの濃度及びL*a*b*測定、⊿Eの表示。

ナビゲーション コントロールストリップまたは絵柄への推奨CMYKインキ補正量の表示。

シミュレーション CMYKインキつぼのインキ量補正時の印刷後の色をシミュレーション。

色品質管理レポート 各インキつぼのコンスト測色値の棒グラフ、ドットゲインカーブのグラフ、
 色度図のグラフ比較など

刷り出し印刷の色調整回数と色調整時間を削減。

納品印刷物の色評価を⊿E表示し、顧客に色品質を保証。

コントロールストリップがなくても、A列本判の用紙を用い、
 高品質のカラー印刷を可能に。用紙コストを7.9%削減。

色調整時のヤレ紙枚数削減。A列本判用紙を使うことで、
 用紙製造時のCO2約10%削減に貢献。

面測色の効果とメリット

面測色システム

①面測色で印刷絵柄の色管理を⊿E数値表示
 画像の同一画素同士をL*a*b*比較。注目領域の平均色差(⊿E)
 を算出。


②人の眼に近い色でL*a*b*画像入力を実現
 見たままの色で色差(⊿E)を演算表示。

③ナビゲーション機能が印刷機の色調整を最短にガイド
 色調整回数と時間とヤレ紙を大幅に削減。

④シミュレーション機能が試し刷りを最少回数に
 インキつぼ調整後の印刷仕上りモニタ確認が可能。

CIP4 PPF画像⑤を使った色調整
 PPF画像とプロファイルを色基準にした、印刷の色管理と
 インキつぼ調整も可能

Color Brain

世界初の「視覚全色域L*a*b*画像入力」と「面測色技術」が、
プルーフと印刷物との⊿Eによる色評価を実現。
さらに、印刷のナビゲーション機能とシミュレーション機能で、
インキつぼ調整後
の印刷色再現の事前画面確認が出来ます。


世界が注目する5つの先進技術

印刷物の各絵柄全体の面測色と⊿E表示

面測色&クィック・カラーナビゲーション



主な機能

面測色システム

ColorBrainの色品質管理タッチパネル画面