オプション概要

夢の、「カラーバー」と「絵柄」の
高速一括色調整コンソールです。
印刷機とのオンラインも出来ます。
※オプションのInkZoneシステムが必要です。

印刷機を止めないで、刷り出しを
インキ濃度と絵柄の測色・色調整表示30秒!

経験の浅い機長でも、
刷り出しを2回で終わりたい!

小ロット印刷時代を乗り切る
すべての印刷会社に必須のシステムです。
1台で印刷機4台まで対応。

パイロットユーザー募集!
(2022年4月より)

<開発中>

印刷機を止めない! 2022年話題の新システム

1.色見本がない「データ入稿」において、モニタプルーフのみで
  色校正を済ませる場合は、
  CMYKデータと、使用する用紙の印刷プロファイルを
  「ラピッドCC」のビュアソフトにセットし、
  カラーシミュレーション機能でCMYK画像と、
  撮影した刷り出し印刷物をモニタで比較したり、
  比較測色して同様に色補正が可能です。

  

特に顧客からの色見本がある場合は、カラーバーを無視しても
  絵柄の色を合わせることが重要です。


  そこで、「ラピッドCC」では、モニタ上の絵柄を測色することで、
  絵柄を考慮したカラーバーの濃度に変換し、
  絵柄ターゲットにしたカラーバーによる印刷機の
  インキ濃度管理が可能です。

1.通常の使い方は、刷り出し印刷物を「ラピッドCC」の
  コンソールのテーブルにセットして、
  専用カメラで全面撮影すると
  「カラーバー」の各パッチのインキ濃度を測色し、
  インキゾーン毎の濃度値が確認できます。

  
また、従来の濃度測定装置では、1分以上掛かっていたものが
  20秒以下で済み、高速化が図れます。


刷り出し30秒の色管理を実現『ラピッドCC(仮称)

カラーバーの濃度測定から印刷機へのフィードバックまで30秒を実現!

e-mail:info@prosper-c.co.jp

株式会社プロスパークリエイティブ

『ラピッドCC』コンソール
幅1500mm×高2400mm×奥1000mm(予定)

基本概要

2.「ラピッドCC」で測定したインキキー毎の濃度値を、
  例えば、今お使いの印刷機に専用インターフェイスの
  InkZoneシステム(別売)を使って
  直接送信することが出来ます。 

  これにより、測色開始から30秒で印刷機を止めずに
  自動色調整も可能となり、色調整時間を大幅に短縮でき、
  小ロット印刷への対応が容易となります。
  
  もちろん、色調に厳しい、高品質が要求される印刷物も
  色調整時間の短縮や用紙コストも大幅削減できますので、
  利益を生むと共に投資コストも
短時間で回収できます。

世界初、迅速印刷インキ&絵柄色調整製品

ご関心のある方はお問い合わせ下さい。
 info@prosper-c.co.jp tel:03-3564-5131

「ラピッドCC」は、カラーバーの測色をはじめ、色見本(色校正)の色に合せた色調整が自動で行えるよう
印刷機にインキ濃度をフィードバックします。


Copyright(C)PROSPER CREATIVE ALL Rights Reserved.