目と数値での絵柄測色・色評価製品

1.さらに進化の『マトリックス・アイ』
2.誰でも検査の『ケンサ・フラッシュ』
3.話題のネット色校正『グランカラー』
4.遠隔印刷立ち合いにも『カラースター』

プロスパー製品紹介ムービー

(一部開発中製品を除きます)

刷り出し30秒の色管理を実現『ラピッドCC(仮称)』

『ラピッドCC』コンソール

Copyright(C)PROSPER CREATIVE ALL Rights Reserved.

カラーバーの濃度測定から印刷機へのフィードバックまで30秒を実現!

ネット色校正・ネット印刷立ち合いなら

3

INDEX

<開発中>

話題のネット色校正『グランカラー』

最先端の印刷検査製品

ご検討中の現場から、”誰でも簡便検査を”との
多くのご要望により開発しました。

担当者が在宅勤務で不在でも、代役の方で検査が出来ます。

専用キーボードのワンボタンだから、
誰でも高精度検査がカンタンに確実に。
場所をとらない卓上型コンパクト検査機です。

ご関心のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
 info@prosper-c.co.jp TEL:03-3564-5131

<注目>
印刷業界はもちろん、医薬品・化粧品・損保・各種企業で
ご活用頂けます。

e-mail:info@prosper-c.co.jp

株式会社プロスパークリエイティブ

誰でも検査の『ケンサ・フラッシュ』

新機能「ワンボタン検査」を実現!

2

幅1500mm×高2400mm×奥1000mm(予定)

基本概要

1.通常の使い方は、刷り出し印刷物を「ラピッドCC」のコンソールの
  テーブルにセットして、専用カメラで全面撮影すると
  「カラーバー」の各パッチのインキ濃度を測色し、
  インキゾーン毎の濃度値が確認できます。

  また、従来の濃度測定装置では、1分以上掛かっていたものが
  20秒以下で済み、高速化が図れます。

2.特に顧客からの色見本がある場合は、カラーバーを無視しても
  絵柄の色を合わせることが重要です。

  そこで、「ラピッドCC」では、モニタ上の絵柄を測色することで、
  絵柄を考慮したカラーバーの濃度に変換し、
  絵柄ターゲットにしたカラーバーによる印刷機の
  インキ濃度管理が可能です。

オプション概要

1.色見本がない「データ入稿」において、モニタプルーフのみで
  色校正を済ませる場合は、
  CMYKデータと、使用する用紙の印刷プロファイルを
  「ラピッドCC」のビュアソフトにセットし、
  カラーシミュレーション機能でCMYK画像と、
  撮影した刷り出し印刷物をモニタで比較したり、
  比較測色して同様に色補正が可能です。

  

2.「ラピッドCC」で測定したインキキー毎の濃度値を、
  例えば、今お使いの印刷機に専用インターフェイスの
  InkZoneシステム(別売)を使って直接送信することが出来ます。 

  これにより、測色開始から30秒で印刷機を止めずに
  自動色調整も可能となり、色調整時間を大幅に短縮でき、
  小ロット印刷への対応が容易となります。
  
  もちろん、色調に厳しい、高品質が要求される印刷物も
  色調整時間の短縮や用紙コストも大幅削減できますので、
  利益を生むと共に投資コストも短時間で回収できます。

世界初、迅速印刷インキ&絵柄色調整製品

「ラピッドCC」は、カラーバーの測色をはじめ、色見本(色校正)の色に合せた色調整が自動で行えるよう
印刷機にインキ濃度をフィードバックします。


刷り出し30秒の色管理を実現 『ラピッドCC仮称)
印刷機を止めない! 2022年話題の新システム

5

刷り出し30秒の色管理を実現『ラピッドCC(仮称)』

さらに進化の『マトリックス・アイ』
夢の、「カラーバー」と「絵柄」の
高速一括色調整コンソールです。
印刷機とのオンラインも出来ます。
※オプションのInkZoneシステムが必要です。

印刷機を止めないで、刷り出しを
インキ濃度と絵柄の測色・色調整表示30秒!

経験の浅い機長でも、
刷り出しを2回で終わりたい!

小ロット印刷時代を乗り切る
すべての印刷会社に必須のシステムです。
1台で印刷機4台まで対応。

パイロットユーザー募集!
(2022年4月より)

「印刷検査」とICC基準での「絵柄数値色評価」が一括で!

1

遠隔印刷立ち合いにも『カラースター』
世界初の印刷絵柄測色・色評価システム

4

色校正を1回に!

モニタ画面上での色校正シミュレータが大活躍。
責了にも対応。

『グランカラーは』分光光度計レベルの
高精度L*a*b*値で絵柄の数値色評価を行うシステムです。

印刷現場で、使いやすいとご評価を頂いている
『カラースター』は、
コロナ禍での印刷立ち合いにも活躍しています。

<注目>
印刷絵柄をモニタ色表示だけでなく、分光光度計レベルの
高精度L*a*b*値、ΔE値で色評価出来る唯一のシステムです。
パッケージ印刷や高級美術印刷での高い評価を受けています。

<注目>
営業とDTP部門や印刷工場、さらには顧客とも
「グランビュア」ソフトを使って
目と正確な色数値がネットで確認出来ます。

▼ コスト削減効果はココ ▼

『マトリックス・アイ』は、「検査」と「色」の2つの機能を
1台のシステムで実現した、日本初の複合型検査システムです。

「文字検査」と「色評価」の両方を短時間で、しかも高精度に
品質チェックをします。

検査システムを更新の印刷会社に、
コスト削減と品質効果で大好評。

<注目>
1台で2台分の機能活用で大幅なコスト削減効果。
多くの印刷業でご導入頂いています。